太ももカサカサ?肌のバリア層が弱くなっていて危険!?

何塗っても乾燥が収まらない。。。という方に!

細胞間脂質に着目した新しい保湿クリームがお勧め!



太ももの乾燥・・・放置していませんか?

太ももが何だかカサカサ・・・

すごく乾燥しているし

痒みがどんどんひどくなる。。。

というお悩みの方が
この記事をご覧いただいているかもしれません。

たかが 乾燥、と 軽く考えないでくださいね。

乾燥って 実はとても怖くて 肌にはすごく危険な状態です。

放置していると 乾燥のスパイラル

に陥って肌が悪化してしまいます。

乾燥は 肌の黒ずみや色素沈着、しわ・たるみにも

つながっていきます。

あなどれないんです。

しっかり 乾燥を改善するお手入れをしていきましょう!

まずは 石鹸を変えてみる

洗浄力の強いボディソープが沢山薬局に売られています。
香りが良かったり、 パッケージが華やかだったり、

「さっぱり!汚れを落とす!!」とか

そんな 派手な宣伝文句につられて
安い ボディソープを買って安易につかっていませんか?

実はこういった 安い ボディソープって

化学的な 合成界面活性剤 が大量に含まれています。

合成界面活性剤自体は
特にそれ単体では害のあるものではありません。

衣類を洗う洗濯洗剤や

お皿を洗う台所洗剤、

また 濃い落ちにくいメイクを落とすクレンジング剤にも

大量に含まれています。

が、これは 上記の洗剤の用途を見てみるとわかるように

物凄く 脂や汚れを 強く落とす 洗浄力の強いものなんです。

「そういえば お風呂で使えるクレンジングオイルで毎日メイクを落としていたら。。。

肌が乾燥肌になっちゃった!!!」

という方はいらっしゃいませんか?

私もオイルクレンジングで 乾燥肌になった経験があります!

今はきっぱりやめて
肌に優しい石鹸でメイクは落としているので顔の乾燥は治りました。

それほど 洗浄剤って 肌を乾燥させる危険があるんですね。

太ももなんて さほど 皮脂も多くないところに

男性の脂ぎった体用に作られたボディソープなんて使って洗ったら

あっという間に カサカサになってしまいます。

そして こういった洗浄力の強いものをずっと使い続けると

肌の大切なバリア層がどんどん弱くなっていく危険があります。

肌のバリア層がどんなに大切か 知ってください

%e3%82%af%e3%83%a9%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%bb%e3%83%ab

※クラウンセルクリーム公式サイトよりお借りしました。

肌の断面です。

このように肌の表面は大切な真皮の上に 角質があり、

実はその角質は 肌を守ってくれている大切なバリア層の役割を果たしているんですね。

よく 角質って聞くと

「スクラブやピーリングで取らないといけない
にっくき 皮膚の残骸!

って思っている人が多いのですが、

肌を守ってくれている、肌の健康には
なくてはならない大切なものなんです!!

(確かに古いものが溜まりすぎれば
取ったほうがいい場合がありますが)

この大切な防御の役割をする 角質層、バリア層。

これは 上記の強い洗浄力を持つ合成界面活性剤によって
度重なる 洗浄を毎日続けていると

肌の弱い皮脂があまり多くない女性なんかは

あっという間に

穴だらけ、隙間だらけ、の
ボロボロの肌になってしまうんです。

ちょっと乾燥しないように食べ物をくるんだ
ビニールのラップを想像してみてください。

4976538b7e14fea5a1f055b0b0d14189_s

守るラップが 穴だらけだったら・・
薄く弱くなっていたら・・・・

大切な中の 食べ物は どんどん水分が外に出てしまったり

外部からの刺激でダメージをモロに受けてしまったり。

もう ボロボロになってしまうことが 簡単に想像できませんか?

保湿できる肌に優しい石鹸を使おう

%e3%83%8f%e3%83%8b%e3%83%bc%e7%8f%8a%e7%91%9a%e7%9f%b3%e9%b9%b8

こちら、はちみつで保湿して
サンゴパウダーで汚れを落とす肌に優しい石鹸。

ハニーサンゴ石鹸。

こちらの詳しい内容は別の記事で説明をしていますので

良かったらそちらもご参照くださいね。↓

太ももカサカサ 乾燥でかゆい! 保湿石鹸がいい?
太もも乾燥には まず石鹸から変えていこう! お勧めの保湿効果の高い 石鹸 ↓ 太もも の乾燥は怖い! 太ももが...

石鹸は変えたけど、
保湿にはどんなクリームがいいの?

太ももがかさかさして かゆくなっている。。。という方は

かなり表面のバリア層が弱まっている危険があります。

早急に 元通りの 健やかな 角質層、バリア層に戻れるように

しっかり ケアしてあげた方がいいです。

あなた
でも、化粧水とか塗っても全然すぐに乾燥してしまって。。。

という方が多いのでは?

実は、化粧水や 乳液は 表面を潤わせていいるだけで

それ自体が 蒸発してしまったら、ジ エンド

保湿能力なそこで終わりになってしまうんですね。

バリア層の低下による乾燥は

バリア層自体をしっかりサポートする、

新しい考え方で保湿する コスメがお勧めです。

%e3%82%af%e3%83%a9%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%bb%e3%83%ab%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%a0

クラウンセルクリーム。

こちら、肌の角質層の 構造に着目。

水分を保持する重要な役割をしている
細胞間脂質をサポートする
クリームなんです。

細胞間脂質って何?

%e3%82%af%e3%83%a9%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%bb%e3%83%ab%ef%bc%94

上記の図をご覧くださいね。

肌の表面には角質細胞が沢山規則正しく並んでいます。

この細胞一つ一つを しっかりつなぎとめて

隙間を埋める役割をしているのが 細胞間脂質です。

家の塀にあるような
レンガをつなげている接着剤のようなもの、とご想像くださいね。

3bc65e09f4c01aa9bc3f5b126b756cb4_s

このレンガをつなぎとめている 細胞間脂質が

なくなったり 弱くなったら・・・

レンガ=細胞も バラバラに はがれて落ちてしまうのが
容易に想像できますね。

バリア層が弱い  = このレンガをつなぎとめる力がない肌

ということなんですね。

細胞間脂質が大事な理由って?

細胞間脂質がしっかり整うと

細胞一つ一つが強固につなぎ留められ、

また 水分を自分で保持する力がしっかりします。

自分で水分を保持する力

これが 実は肌の乾燥を
根本的に改善する最も重要なポイントです。

細胞間脂質を サポートするコスメでケアして

しっかり バリア層を整える。強化する。

それが乾燥対策の近道です。

あなた
高い美容液や クリームを重ねて塗っても全然すぐに乾いてしまって・・

という方は、もしかすると
バリア層の細胞間脂質の機能が弱まっているのかもしれません。

上記でご紹介したクラウンセルクリームのような
細胞間脂質に着目した 新しい保湿のコスメを試してみてくださいね!

↓公式サイトはこちらから


あなたの 肌を しっかり 守ってくれる バリア層が
健やかに なりますように・・・

トップへ戻る