脚が粉吹き状態! セラミド入りクリームで 徹底保湿がお勧め!

冬はコタツが一番! でも脚の粉吹き乾燥がひどい!?

冬本番になると、

コタツの中が一番! っていう方もいらっしゃるのではないでしょうか?

6dafe5467cc5a8de62bdfe83a9a6a95d_s

コタツは確かに暖かく快適ですね。

でも長時間入っているとどうしても 脚は乾燥してしまいます。

コタツでうっかり寝てしまったら
顔の肌はもちろん、 脚もひどいガサガサに! 粉吹き状態になってしまった!!

という経験の方もいらっしゃるのでは ないでしょうか。

コタツは 肌を乾燥させます。

入る時は 素足のままで入らない、など
一工夫をしてくださいね。

脚が粉吹き状態になってしまって なかなか治らない!?

一度、乾燥して ガサガサになって粉吹き状態になってしまうと
ちょっと化粧水やジェルをつけたぐらいでは
乾燥が収まらないこと、ありますね。

そのうち、かゆくなってきて 搔いているうちに さらに 肌が荒れてしまって

悪循環。。。

というケースも。

また、どんなボディクリーム塗っても
乾燥が収まらないという深刻な乾燥状態のことも。

そんな時お勧めしたいのが セラミドの 保湿重視のクリームです。

液晶構造のセラミドクリームは効果が違う!

乾燥の強い敏感肌用基礎化粧品

ティモティア保水バリアクリーム。

%e6%b6%b2%e6%99%b6%e3%82%bb%e3%83%a9%e3%83%9f%e3%83%892

こちらのクリームは、セラミドが配合されているクリームですが、
ちょっと他とは違う特徴が!!

その秘密は 液晶構造 ヒト型セラミド。

このクリームの セラミドに
他の商品とは違う 特別な保湿力があるのは「液晶構造」だからなんです!

%e8%82%8c%e3%81%ae%e6%96%ad%e9%9d%a2

肌の表面の角質層には 大切なバリア層があり、
このバリア層が肌を乾燥から守っています。
水分を保つ役割をしています。

このバリア層を形成しているのは
細胞間脂質と呼ばれる 細胞をつないでいる部分。

この細胞間脂質に含まれるのがセラミドなのですが、
単に含んでいるわけではなく、

脂質と水が交互に層状になっているのです。
これを液晶構造(ラメラ構造)と呼びます。

細胞間脂質は液晶構造になって初めて、
高い保湿力とバリア力を発揮するのです。

ところが ここで問題が・・・・・・・・・・・・・

セラミドは液晶構造にするのが難しい!

セラミドは 実は 水にも油にも非常に溶けにくいです。
水と細かい層状にして液晶構造にするのは、至難の業なのです。

独自の技術で セラミドの液晶構造を実現!

ティモティア保水バリアクリームは、
この難問を独自の技術で解決。

「セラミドを液晶構造にする特殊製造技術」を採用し、
ヒト型セラミドを含む脂質と水分の液晶構造の
クリームを実現させた商品なのです!

%e6%b6%b2%e6%99%b6%e3%82%bb%e3%83%a9%e3%83%9f%e3%83%89%e3%81%ae%e5%ba%83%e5%91%8a

液晶化した セラミドの保湿パワーはすごいものがあります!

下のグラフが普通のセラミドクリームと
液晶構造を持ったセラミドクリームの比較。

%e6%b6%b2%e6%99%b6%e3%82%bb%e3%83%a9%e3%83%9f%e3%83%89

液晶構造のセラミドクリーム、
ティモティア保水バリアクリームの方が
断然肌の水分が保たれていますね。

乾燥には 液晶構造の セラミドで徹底保湿!

いかがでしょうか。。

いろんな ボディクリームやオイルを試したけど

なかなか 脚の粉吹き、乾燥状態が治らない。。。という方は

肌の表面の角質層が明らかに バリア層が 弱っています。
細胞間脂質が水分を蓄えられなくなっているんですね。

こちらのクリーム、もちろん 顔用に開発されましたが、
乾燥に悩む ボディにも効果抜群!

ひざやすねなど、 乾燥のヒドイ所に集中お手入れで
抜群の効果を発揮すると思いますよ。

乾燥の強い敏感肌用基礎化粧品

ティモティア保水バリアクリーム。

乾燥に悩む人はぜひ一度お試しくださいね!

トップへ戻る