脚の乾燥、ツライ! ガサガサを改善するために気を付ける食事のポイントは?

salmon-518032__480

体の内側からも 乾燥肌を改善しよう

脚のガサガサ、乾燥は 放置すると 色素沈着の原因にもなります。
黒ずみになってしまう前に 早めに治した方がいいですね。

でも 化粧品を外側から塗ってばかりのケアよりも、
体の内側からもアプローチすることが大切です。

当たり前の話ですが、 肌は 食べたものから作られています。

肌の皮脂腺から出る油分も 食べたものから作られています。

何を食べているか?ということは

肌の状態、ターンオーバーにも大きく影響することなのです。

どんな食事が 脚の乾燥にはいいの?

まず、タンパク質をきちんと取ることが重要です。

肌はもちろん、大切な栄養を運ぶ血、血管も すべてタンパク質から
作られます。

タンパク質が不足すると、健康な肌は作られません。

肉・卵・魚といった ものから 豆腐・納豆など 植物性タンパク質も合わせて
バランスよく取ることです。

肉が苦手。。。という人は 魚を積極的に食べたり、
卵料理も栄養が豊富でいいですね。

もし、ベジタリアンの方がいらっしゃたら、
大豆製品をきちんと取り、
タンパク質が不足しないように気をつけましょう。

ビタミンは?

また、野菜や果物、ナッツ類からビタミンを取ることも重要。

ビタミンは沢山種類がありますが、

肌にいいビタミン、ということで挙げるならば

ビタミンA 皮膚や粘膜を正常に保つ働きがあります。

ビタミンC コラーゲンの生成を助け、シミそばかすを防ぐ働き

ビタミンE 強い抗酸化力をもつ。血流を改善

の三種類が代表格。

ACE エース と覚えると覚えやすいでしょう。

まんべんなく さまざまな 緑黄色野菜や 果物、アーモンドなどを食べれば
充分これらのビタミンは食事から取ることが可能ですが、

どうしても 野菜が不足しがち。。。という方は
割り切って サプリメントで足りない分を補給するのでも構いません。

できるだけ自然の食物から取りつつも、
食生活が乱れてしまったな、と感じる時だけ
レスキューでサプリに頼ることもあってもいいと思います。

摂ったほうがいいオイル

太るから、と油を全く取らないようにしている方がいますが、
極度に油分を除外する食生活は お勧めできません。

積極的に摂ったほうがいい油が実はあるのです。

積極的に摂ったほうがいい油

オメガ3系脂肪酸

体内で作ることができない必須脂肪酸で、
体の中でさまざまな重要な働きをすることが
わかっています。

青魚などに豊富に含まれていますが、
魚を毎日は食べられない。。。という方は

オメガ3系脂肪酸を含む植物油を摂取することでOK。

フラックスオイル、えごま油という名前で
最近は ちょっと大きめのスーパーであれば 売られている油です。

加熱せずにそのまま食べるようにしてください。
納豆に垂らしたり、 これで手作りドレッシングを作るのもお勧め。

サラダに クルミを砕いて入れ、このオイルをかけて頂くのは
どうでしょうか? クルミにもオメガ3脂肪酸が多く含まれています。

salad-791891__480

まとめ

バランスの取れた良い食事が 健康な美しい肌を形成する基になることは
いうまでもありません。

そして、実は バランスの取れた食事は女性ホルモンの分泌も
正常に保ち、
生理前に多くなる 女性ホルモンの一種、黄体ホルモンは、

実は皮脂腺の働きを活発にするホルモンです。

皮脂腺が正常に働き、適度に皮脂が出れば
脚やひざのかさかさな乾燥も 治ってくるはずですね。

このように ホルモンのバランスも 食事と重要な関係があります。

食べたものがあなたの体の健康と美容に
絶大な影響を与えていることをよく理解して、

暴飲暴食を さけ、 正しい知識で 食事を楽しく摂るように心がけましょう。

きっと 乾燥肌も改善されてきますよ。

トップへ戻る