ひざのかさかさ、 乾燥がひどい時のお手入れは?

feet-girls-1386196__480

ひざがガサガサ!白く粉を吹いている状態になっていませんか?

冬、木枯らしがふくころになると、今度は乾燥というトラブルに悩まされるもの。

長いパンツやタイツ、ロングスカートを履いていてうっかり。

気付いたら 膝が カサカサで 白く粉を吹いている。。。

そんな状態になっていませんか?

膝だけでなく、 脚全体も 乾燥して
皮膚がめくれあがっているような状態になっていたら、もうかなり乾燥が進んでいます。

早めに対処しないと 深刻な肌荒れを起こしてしまいます。

脚は何故こんなに乾燥するの?

脚は体の中でも皮脂腺が少なく、皮脂の分泌が活発ではありません。

また、心臓から遠いので血流がどうしても悪くなりがちで、
血流が悪いということは、必要な栄養分が血によって運ばれないという事。

これでは 脚は 乾燥どころか、 健康な肌でいられなくなってしまいますね。

ひざの乾燥には 洗い方にも注意!

まず、 お風呂の洗い方を 変えてみましょう。

夏と同じように 洗浄力の強いボディシャンプーを使って
ナイロンタオルでゴシゴシ。。。。ってまさかやっていませんか?

汗をかかなかった日などは、お湯で十分汚れは落ちます。
湯船に入るだけでも十分です。

脚はわざわざ ゴシゴシ洗う必要はありません。

指の間や 膝の裏側など気になるところだけ
石鹸で洗ったら、あとはぬるま湯で流すだけにしましょう。

必要な潤いが残って乾燥しにくくなります。

また、冬の間だけ、しっとり潤いの残るタイプの石鹸に変えてみるのも有効です。

16a1bea6ea78da06ead60489b527f3ec_s

ひざの保湿はどうすればベスト?

お風呂から上がって清潔になったひざに
放置しないで すぐに クリームなどの保湿剤を塗りましょう。

このすぐに!!というのがポイントです。

たっぷり多めに塗っても問題ありません。

また、時間の取れる時は 柔軟効果のある化粧水で シートパックもお勧め。

これは手や脚のパーツモデルさんがみんなやっていることです。

シートパックの後は、 クリームやオイルで蓋をすることもお忘れなく。

クリームでお手入れしたあと、ラップで巻いて30分ほど放置。
浸透を助けるのも効果的です。

保湿クリームは肌に合うものであれば何でも大丈夫ですが、
普段黒ずみ解消で使っている美白効果のあるクリームだけでは
まだちょっと乾燥する。。。という場合は

さらにその上に保湿効果の高い リッチなクリームを足してもいいでしょう。

ひざにクリーム塗っても乾燥がおさまらない時は?

いくらコスメで保湿のケアをしても 一向に 乾燥がおさまらない・・・

お風呂でもお湯洗いだけにして気を付けているのに。。

という方はいらっしゃいませんか?

その場合はちょっと 体全体の新陳代謝が落ちている可能性があります。
汗をかくような健康的な運動を定期的に行っていますか?

スポーツジムに通う必要はありませんが、

足早に駅まで歩く、階段を上り下りする、
というだけでも全身の血行がよくなり
うっすら汗をかくもの。

血流も良くなり、 皮脂腺が活発になり、乾燥は改善されていきます。
積極的に体を動かしましょう。

ストレッチやヨガでもいいので 体の血流をとにかく良くすることがポイントです。

まとめ

ひざのガサガサは そのまま放置しておくと
徐々に黒ずんでいくおそれもあります。

乾燥している、という状態は 実は肌の表面のバリア層が弱っています。

バリア層が弱っていると 外部からの刺激に弱くなっていて
ちょっとした刺激で メラノサイトが活発に活動してしまい、
それでメラニンがまた作られてしまいます。

乾燥 = 肌が敏感で無防備な状態

であることを 忘れないように。

自分で水分油分を出せれば一番いいのですが、
それが足りない場合は コスメやケアで補ってあげましょう。

洗い方を気を付けて 毎日保湿クリームを塗るだけでも
きっとかなり改善されてくるはず。

白く滑らかなヒザを手に入れるためにも

冬の乾燥は大敵!!

しっかり保湿していきましょう。

トップへ戻る