ひじが粉吹き状態になっている人へ 早くお手入れして乾燥を防いで

白い粉吹き状態って 肌はどういう状態になっている?

%e8%82%8c%e3%81%ae%e6%96%ad%e9%9d%a2

乾燥がすすむと ひじも 粉吹き状態になることがあります。

上記のイラストを見てイメージしてくださいね。

普段、肌の表面は皮脂腺から出る皮脂や 汗腺から出る汗で
潤っていて、滑らかです。

また 細胞と細胞の間を埋めている 細胞間脂質 が しっかりと
細胞同士をくっつけている役割をしています。

この細胞間脂質は、
ちょうど レンガとレンガとくっつけている接着剤のような役割・・と
よく表現すれば わかりやすいでしょうか。

まさに 接着剤!!という感じなのですね。

ところが 冬になり 外気が乾燥し、
また 皮脂腺や汗腺の活動がが衰えると、
人の肌は 表面が 潤いが保てない状態になります。

そうなると、 この 細胞間脂質は  隙間だらけになり、
くっつきが弱くなった 角質細胞は バラバラと はがれやすくなるのです。

この表面の角質が 剥離して落ちていくのが スムーズでないため、

肌の表面は中途半端に剥がれかかった 細胞の死骸が
白い粉となって見えているのです。

593495

ひじの粉吹き、 対策と改善方法は?

ひじの粉吹き。
肌の断面の状態を把握すると 自分でも 理解がしやすいですね。

そして 対策も考えやすいです。

まずは

・皮脂腺と汗腺が正常に 皮脂膜を形成出来るようにする

適度に汗をかくような運動をしたり、 ゆっくり半身浴をしたり。
皮脂腺と汗腺の働きが活発になるような
新陳代謝の良い体つくりを心がけましょう。
自分の作り出す 皮脂が肌にとっては一番自然な保湿剤です。

冬だからと ゴロゴロして 一切動かないと、
体は機能が鈍ってきます。 気を付けましょう。

それでも もともと 皮脂が出にくい、汗をかきにくい、という体質の人は
肌にあった 保湿剤で きちんと ひじをお手入れし、
常に潤っている状態を保つように。

乾燥をまず防ぐことです。

・肌の表面の細胞間脂質にあるセラミドを守る

細胞間脂質の大半はセラミドという成分です。

洗浄力の強すぎるボディシャンプーや石鹸を使い
ナイロンタオルやブラシでゴシゴシ。

そんな洗い方を毎日続けていると、あっという間に肌のバリア層は
弱くなり、 大切なセラミドも流れてしまいます。

セラミドが失われて 弱くなった細胞間脂質は
角質細胞をまとめられなくなってしまいます。

肌の大切な表面のバリア層は隙間だらけに。

外部から刺激や細菌の影響がダイレクトに
真皮に届いてしまう危険な状態。

肌の表面の角質は実は大切なもの。
必要以上に ゴシゴシしたり、ガリガリこすったりしないように洗いましょう。

セラミドが豊富な 丈夫なバリア層が肌をいつも守ってくれていれば
そうそう 肌は 荒れたりせず、 次第に 乾燥も収まっていくはずです。

・肌に優しい素材の衣服を着ること

保湿もしているし、洗い方も気を付けているんだけど。。。?と言う方。

ちくちくする化繊の ニットなどを我慢して着ていませんか?

静電気もおきやすく、 衣類は意外と肌に刺激になっています。

肌が敏感な人は コットンなどの天然素材のアンダーを一枚着たり
(いわゆるババシャツですが (笑) これが とっても肌には優しいですよ)
肌に直接触れるものにも気を使いましょう。

まとめ

ひじの粉吹き。 本当に見た目も汚いし、 がさがさして憂鬱ですよね。

さまざなな複数の原因が総合的に乾燥を引き起こしています。
自分が一番何が原因で ひじの乾燥を招いているのか、
よく考え、

思い当たる原因をひとつひとつ取り除いていくこと。

お風呂での洗い方が 原因だった!!

安物のチクチクするセーターが肌に刺激を与えていて 荒れていたんだ!!

ヨガをしたり、運動を始めたら 汗をかきやすい体質になり、
ひじの粉吹きがよくなった!!

など 意外と 思い切って 行動にうつすと

簡単に改善の糸口が見つかることもよくあります。

2eea58d04ea6f3669a4fbf8665d19ec3_s

しっとりとなめらかなひじは
思わず見とれてしまう 大事な女性のチャームポイント。

手を抜かず お手入れして 春夏にはどうどうと ノースリーブを着れる

腕になりますように!

トップへ戻る